高校3年生 ⇒ 12th Grade = Senior(シニア) ミドルスクールでは、教科ごとに先生と教室が異なるのが一般的です。ホームワークが多すぎる教科の先生1人1人に、「何時間くらいの家庭学習を想定してホームワークを出しているのか」を聞いてみてください。そして、お子さんの回答表を見せて、先生の意見を聞いてください。, もし、先生が「そんなに時間がかかるはずがない」と言うのであれば、お子さんの学習方法に問題があるのか、その理由は何か、解決法はあるのか、などの具体的なアドバイスを聞いてみましょう。, 3、カウンセラーと会う 高校卒業は、4/2〜9/2生まれの人は日本より早く、それ以外の人は日本より遅い、となるのだと思います。, コメントありがとうございます。年齢と学年の生年月別で細かく調べれる表のサイトを貼り付けましたので、よければご覧くださいませ。, 私の子供は4月生まれですが、アメリカでは学年を1つ落としています。2003年4月生まれの方でしたら、現在2020年4月の時点では17歳で日本では、高校2年生、アメリカでは、(もちろん州によりますが)、11th grade のJuior(ジュニア)となると思います。学年をおとせば、10th Grade = Sophomore (ソファモア)となると思います。があくまでも、州によって違う前提でのお答えとなります。, ご質問の内容がわかりかねるのですが、教育制度の上限ルールがあるようで、高校生からアメリカに編入する場合は、卒業に必要な単位数に関係してくるようなので、現地校に確認していただくことが一番です。, アメリカでは9月から翌年の8月だけじゃなくて1月1日から12月31日までに生まれてた子を同じ学年にする州もあります それぞれの先生の想定している時間数の合計が予想通り大きなもので、到底お子さんがこなせないような学習量ならば、次にカウンセラーに会います。学校としての家庭学習の想定時間数を確認してください。お子さんの回答表と最も時間のかかる教科の宿題や課題の資料を持参して、実情を訴え、アドバイスをもらいましょう。, 4、クラスの変更を考える 一般的にはキンダーガーデンから始まって、エレメンタリー、ミドルスクール、ハイスクールという流れです。, アメリカの学校では学年をグレード(grade)と呼び、小学校1年生から高校3年生までの12年間をグレード1〜グレード12で表します。, 日本で早生まれの子の学年を一つ落とすことはできませんが、アメリカではそれが可能です。, 子供の成長によっては、一年ずらした方が自信を持って学校生活に取り組むことができます。, アメリカ人の子供でも学年をずらして入学させる親もいますし、特別珍しいことではありません。, アメリカにはそういったことも相談できる専門のカウンセラーもいるので、気軽に相談できると思います。, アメリカ駐在が決まったら、住む地域の学校情報を入手して、まずはお子さんの学年を確認しましょう。, また帰国子女財団でも教育の相談をすることができるので、一度問い合わせてみてもいいかもしれません。, でもアメリカの学校はのびのびと教育を受けることができる為、学校大好きになるお子さんも多いですよ。, 州によってかなり学年の分け方に違いがあるけど、キンダーから始まって、ハイスクールを卒業という流れは同じだよ♪, キンダーから義務教育なのは同じでも、中にはキンダーが2年間ある地域もあるよ!(Jr.キンダーなど), 日本からアメリカの学校への編入時に、少しでもこちらの記事がお役に立てれば嬉しいです。, 初めまして! ブログ管理人のnanaです。 アメリカ在住のアラサー主婦。 Westchesterの方では日本で例えると「9月10月11月」が早生まれでしょうね。, アメリカは州によって、教育制度が違うので、全ての州のことはご紹介できませんが、その州や地域の学校に問い合わせることが一番先にするべきことですね。州をまたいでの転校など、色々と調整が必要なようです。, 今日本でも新型コロナによる休校がきっかけで、9月入学が議論されだし、訪問致しました。 最後は学校区(School District)に相談に行くこともできます。転校は、通学区域のある学校では、転校先の学校の許可などが必要です。また、転校先の学校ではどんな指導をしているのか、よく調べる必要もあります。, 教科担任の先生から具体的なアドバイスがあった場合は、お子さんの学習をご両親がサポートすることも考えてください。, 現地校では、4~6年生で徹底してエッセイの書き方の基礎を指導し、7年生以降ではその指導を前提にエッセイを書かせます。この基礎練習が充分にできていないために、エッセイに苦しんでいる日本人の子供が多くいます。このタイプの子供には、ご両親や家庭教師などによる、日本語での書き方説明が効果的です。, 時間がかかる理由として、これまで学習したことのない内容の宿題を1人でがんばってやっているケースを多く見てきました。, アメリカの学校では、スタディースキルのトレーニングも大きな目標にしています。そのトレーニングの中には、与えられた課題について調べてレポートを書く、ブックレポートを書くなど、時間のかかるものが多くあります。トレーニングですので、生徒のレベルが上がると、より内容の豊富な宿題や家庭学習を与えて、練習量を増やしていきます。宿題が多いのは、現地校での学習が進んでいる証拠です。, アメリカの教育は上がるにつれて、日本にはないトレーニングが受けられます。こうして身に付けたスタディースキルは、日本の帰国子女受け入れ校から「宝物」と評価され、期待されています。, 中学生の子供を持つ母親で、日本から来たばかりです。成績のつけ方について、アメリカの公立校ではどのようになっているのか教えてください。, 「子供のジャーナルのノートを見たが、英語のスペルが間違っていたり、主語や動詞がめちゃくちゃな文を書いている。なのに、先生はその間違いを指摘していないし、訂正もしていない」。こんな、お母さんからの苦情をよく聞きます。, 成績のつけ方は学校区で大きく異なります。ここでは、一般的な「評価」の例とその考え方についてみています。, アメリカの学校では、子供の評価は「絶対評価」によることがほとんどです。この方法には それとWestchesterでは9月からは学校開始ですが、学年では12月から翌年の11月までです。 日本のように、「中学2年生」とか「小学校3年生」という表現はありません。必ず、4th Grade など、数字で表します。, 基本的にアメリカの公立学校は幼稚園年長のキンダーガーテンから高校まで義務教育で(一部の地域は中学まで)地元の学校に通うため、受験などがありません。, アメリカでは、5th Gradeまでの小学校の間は比較的、ゆっくりとした過ごし方をし、幼い時は人間形成を重視した教育です。, そして、Middle、High schoolと、上にあがるほどに勉強も宿題も難しくなっていくという仕組みです。, そして、中学校に入る年齢は、日本では13歳、アメリカでは12歳と、アメリカのほうが早くに中学生になります。, という意識はしっかりと生まれ、気持ちが引き締まり、中学生としての行動をとるよう意識します。小学生とは違い、行動範囲も広くなり、ワクワクしますよね。, 日本では、小学校の時と引き続き、ホームルームがあり、そのクラスに各教科の先生が来て、授業をするというシステムがメインです。, 一方、アメリカの中学生は、一人一人が自分の選択した授業の時間割にそって授業を受けます。, 一応、クラス担任はいてホームルームクラスもありますが、小学校のときのように、ほぼ一日担任の先生がみてくれていた時とは違い、基本的には自分でその教科の先生の教室に移動して学校生活を送ります。, この2つだけでも、日本の学生よりも行動力がつき、しっかりしてくることは明らかです。, そして、アメリカでは、高校に入るのは15歳(になる学年)で、日本は16歳(になる学年)です。, 中学と同じように、授業は自分で選択して時間割を決め、各科目の教室に移動して、授業を受けます。, 中学・高校の7年間、自分で考えて行動し、膨大な課題に取り組むという時点で、日本の中学・高校の過ごし方とに大きな差を感じずにはいられません。, また、中学とは違い高校では大学のように4年間ありますので、1年生Freshman(フレッシュマン)にとっては3年生Junior (ジュニア)や4年生Senior(シニア)は憧れの大人の存在で、早く3年生や4年生になりたい!!と思うので、憧れの先輩達の真似をしていきます。, アメリカの高校生は、3年生からは車に乗ってこれる、学校外に出れるなど大人としての扱いを受けれる決まりがあったりするのでなおさらです。そんな大人な先輩に憧れ出すのが、9th Gradeつまり日本では中学3年生からなんですね。どの年齢で、誰に影響をうけて「大人」を意識するかが、日本と少し違います。, アメリカでは、早いうちから「子供を自立させていく」 という教育が根底にあるため学校教育にもそのまま反映されています。, まず、州によって就学年齢が違うため、入学対象児童は「その年の1月1日から12月31日生まれ」、「9月1日から8月31日生まれ」という違いがあり、州を超えて引っ越してくると、同じ学年でも年齢が違うことがあります。, アメリカは9月から新学年のスタートが多いため、日本では4月生まれの子は、例えば日本なら小学1年生ですが、アメリカでは2nd grade (小学2年生)のスタートとなります。, 単純に年齢で学年を決めると、日本の学年よりアメリカでは一つ上の学年になるので、日本からアメリカの学校に編入する場合は、自分の子供をどの学年にいれるかは大変重要な選択といえますね。, 学力的には、小学校3年生くらいまでなら、算数などは日本の学校の子のほうが断然すすんでいるので日本でアメリカでひとつ上の学年になっても問題ないでしょう。, 例えば、1st gradeでは、フォニックスやサイトワードという現地の子供たちも徹底的に叩き込まれる英語学習があり、英語の基礎力を養うには持ってこいの学年になります。基礎からしっかりと学べる最高のチャンスであるといえます。, 欲を言えば、kinderから入れるのであればより英語については現地学習で学べるのでお得だと個人的に思っています。, ただ、算数などは1年生でも簡単ですし、これをマイナスととらえるか、プラスと捉えるかで取り組みも変わってきます。, 日本の学習でしっかりと進めているなら、逆にアメリカでは算数などなクラストップか学年トップをとれるくらいで、本人も初めての英語生活で一つでも得意科目があるということは、非常にプラスに働きます。, 反対に1つ上の学年に入れば、英語に関しては、初めはフォニックスやサイトワードなどは自主学習などして追いつかねばなりませんが(学校でELSがあるのでフォローはあります)、算数などの科目はレベルが低くなりにくいので、あえて上の学年をとっても良いかと思います。, また、自分達の子供が、日本では5年生の場合は、アメリカでは middle schoolとなる場合は、日本でも小学校高学年とを経験せずに中学校に進むため、子供達にその違いや自覚をもってアメリカの学校生活を送ることをフォローしてあげる必要があるといえます。, 日本では、早生まれの子供が一つ学年を下げるということはできないのですが、アメリカでは普通に子供の学年を一つ下げる選択でき、子供の学年を1つ下げてじっくりと学校生活に取り組めるようにしています。多くの親がこの選択肢を選んでいます。, 私のアメリカ人のお友達は、7月生まれだったのでお母さんが1つ下の学年で自分を入れてくれ、それでよかったと言っていました。, ちなみに、我が家は同じ駐在の日本人のお友達がいたので日本の学年に合わせていれました。, 1st Gradeでスタートしましたが、サイトワードも1番のグループで合格してきたり、時計やmath(算数)では常にトップ(日本の子ならみんなそうだと思います)であるので、本人も慣れないアメリカ生活で自信のあるものを持て良いスタートを切れたようです。, 今は、アメリカの算数が簡単すぎて面白くないといっているので、日本の算数をどんどんさせています。, 逆に駐在のお友達のお子さんで1つ上の学年に入れたところは、初めは英語が苦労したけれど丸2年もたてば、問題なく過ごせているということですので、日本の学年に合わせるか、アメリカで1つ上の学年に入れるかは、自分たちの子供の様子で決めてよいと思います。, 初めは、子供達の学校についてもわからないことだらけですが、この記事で少しでもアメリカの学校編入時のお役に立てればと思います。, アメリカ駐在生活での学校事情について、これからもリアルな情報や私個人の経験・考え方を記事にしていく予定ですの、ぜひご覧いただければうれしいです。, アメリカでは、5th Guradeまでの小学校の間は比較的、ゆっくりとした過ごし方をし、幼い時は人間形成を重視した教育です。, 入学年齢表現が分かりにくいと思います。 学習態度に対する評価です。学校は勉強だけ教えるところではなく、「良きアメリカ市民を育てる」ことが公教育の大きな目標とされています。他の子供への思いやりがあり、ルールを守り、他人を尊重した態度が取れ、協調性がある、などの態度を示したり、態度の顕著な向上が見られた場合は、「秀でている」として「O」の評価が下されます。その評価により、子供の授業中の態度を垣間見ることができます。, 「日本の学校では成績は学期の終わりに先生が決めるもの」でしたが、アメリカの学校では、「自分の成績は自分の努力の結果」と考えるようになります。この成績のつけ方の違いが、子供の努力の差となっているようです。, 7年生の息子は3年前に渡米し、現地校で学んでいますが、1学期の成績がC、D、Fばかりで、これまでで最低でした。最近は「どう勉強したら良いのかわからない」と、自信を失っています。日本では小学校生活を楽しみ、成績も良かったのです。将来の進学の準備よりも、現地校での普段の勉強で、子供に自信を取り戻してやりたいと思っています。どのように勉強させれば良いでしょうか?, ご相談のお子さんに必要なのは、現地校で良い成績を取るための勉強方法のトレーニングをすること、特に重要なのは、家庭学習の練習をすることです。 「好奇心旺盛・面白いこと大好き」 教科担任とカウンセラーから納得のいく説明がなければ、クラス変更が可能かどうか調べます。学校や学校区によって異なりますが、習熟度別クラスを組んでいるミドルスクールが多くあります。習熟度の高いほうからオナーズ、レギュラー、シェルター(ESL)などが典型です。, もしお子さんがオナーズのクラスにいるならば、レギュラーに変更するのも1つのチョイスです。どのクラスでも学習内容は同じが原則ですが、学習進度や宿題の質・量、指導方法などに差がありますので、クラスを変更することで、家庭学習も楽になるはずです。, クラス変更は、教科担当の先生とカウンセラーのOKが必要でしょう。納得がいかない理由でクラスの変更が認められない場合は、校長への直談判となります。, 5、転校する 中学校(Middle School) ⇒3年制 アメリカの生活で、妻として、二人の子供の母として、また日本人女性としてどうありたいか。 今は、スタディー・スキルをお子さんに身につけさせることを考えてください。成績が上がることをお子さんが体験したら、きっと自信が戻ってくるでしょう。, 現地校の中学生の母親です。私の子供は、いつもテストでは良い成績なのに、「A」が取れません。どうしてでしょうか?, お母さんは、お子さんのクラスの先生がどんな成績の付けけ方をしているか、ご存知ですか?, まず、各クラスの成績の付け方、特に、テスト以外にどんな項目の成績を基に、科目の評価(A-F)をしているのか確認してください。, 中高生であれば、学期の初めに、成績の付け方や教室でのルールが書かれたプリントを受け取って、それらについて説明を受けているはずです。そのプリントに保護者のサインを求める先生もいます。また、秋の新学年が始まってすぐにあるオープンハウスに出席されたことがあるならば、保護者の方ご自身も説明を受けているはずです。ご記憶はありませんか?, アメリカの学校のほとんどの先生は、成績の付け方(項目・評価基準)についてルールを作り、それに基づいて評価をしています。その評価方法については、児童生徒・保護者に公表しています。, 現地校での児童生徒の学習評価は、一般的に、試験・宿題・課題などを基にして決められています。ほとんどの先生が、例えば、試験30%・小テスト20%・宿題30%・授業参加20%など、項目別の配分を決めています。その配分をより細分化して、学期中に宿題を15回出した場合、宿題の評価がAならば2点、Bならば1.5点など、毎回の得点を与えます。, このように評価のルールがはっきりしていますので、先生に聞けば、生徒は自分自身の成績を、学期中いつでも知ることができます。最近では、インターネットで毎日の成績が見られるようにしている学校区や学校も増えて来ているようです。, 「日本の学校の時よりも、3倍も勉強するようになった」。こんな言葉を、子供からよく聞きます。その理由を聞くと、「日本の学校では学期の終わりに通知表をもらうまで、自分の成績はわからない。アメリカの学校では、先生の成績の付け方がはっきりしているし、毎日の宿題やテスト結果がすぐに成績の上昇下降に反映される。自分の成績は、自分の勉強の結果と自覚している」という趣旨の答えでした。, 子供たちの学校生活への評価は、ここで紹介した学業成績(Achievement)の評価のほかに「学習(就学)態度(Study Habit / Work Habit)」や「生活態度(Citizenship / Social Attitude)」の評価があります。「学習態度」は、指示に従う・課題を時間内に終わらせる・ノートの整理ができる、などの勉強の仕方について、「生活態度」は、共同作業・自己コントロールなどの授業中の生活態度についての評価です。, 現地校から送られてくる成績書(Progress Report / Report Card)の内容や表記の仕方は、学校区、小・中・高の学校レベルによっても大きく違っています。しかし、それらの評価内容や方法・基準がわかると、子供の学校生活全般がよりはっきりと見渡せるようになります。, ご相談のように、テストの成績がいいのに評価が付かないのであれば、宿題・課題・レポートなどの家庭学習に問題があるかもしれません。, 先生から学習の記録をもらってみてください。テストの成績や家庭学習の課題など、学期の初めから日付順で詳細な学習記録をプリントアウトしてくれるはずです。それらを見て、宿題・課題の提出の有無とその評価を確認してください。その記録を見せて、お子さん自身の記録・記憶と差がないか確認してください。, もし、家庭学習にも問題がないなら、次に、お子さんの学校では、どんな点数で「A」の評価を付けるのか、確認してください。「Aは90%から100%」などと、点数の範囲で評価が決められています。お子さんの点数は、その範囲に入っていますか?, もう1つの可能性は、お子さんの授業中の態度です。授業に積極的に参加しているかどうか、例えば、ディスカッションで自分の意見を明確に述べたり、授業中に何度発言しているかなどが、学習成績の評価に加味されている場合もあります。, それでも、はっきりしないようなら、先生の記録の間違い・記録漏れなどの可能性もありますので、先生に直接問い合わせてみてください。. 実はこの質問は、中学校の先生が「小学校で当然身につけているはず」と考えている勉強方法、いわゆる「スタディー・スキル」を聞いているのです。ご相談のお子さんのように、小学校高学年で渡米した場合は、これが身についていないので、それを教える必要があります。それが、家庭教師の役割なのです。, 「点数を取るためだけの勉強方法をすすめている」と思われるかも知れません。しかし、それは誤解です。スタディー・スキルこそが、日本の教育では得られない、アメリカで教育を受けた子供たちの「宝」なのです。その理由については、別の機会にゆっくりご説明しましょう。 中学1年生 ⇒ 7th Grade(セブンスグレード) 例えば、2018年度ならアメリカでは2018年9月1日までに6歳になる子が2018年9月から1st grade開始, 日本では2018年4月1日までに6歳になる子が2018年4月に一年生入学(学年中に7歳になる)、と理解してい … 学力の評価は、学習の結果に対する評価ですが、「努力」はその成果を上げるために、どのような努力をして勉強したかに対する評価です。例えば、学力の評価が「C」であっても、その成績を上げるために個人的に非常な努力をすると、先生は努力に対する評価で「A」をつけます。もちろん、その逆もあります。, ■態度(CITIZENSHIP) ②一人一人の子供の学習上の到達目標に対してどれだけ達成できたか 日本では4/1に中学は12歳、高校は15歳になった者が入ります。13歳と16歳では有りません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アメリカ駐在が決まったとき、決めるべき重要なことのひとつに、「アメリカの学校での子供の学年」をどうするか、があります。, アメリカの学年と学年を区切る年齢について調べる必要があり、この記事では、日本とアメリカの学校の学年と年齢についてご紹介したいと思います。, アメリカの学校制度は、5・3・4または6・2・4が主流になります。(州によって異なります), 小学校(Elementary School) ⇒5年制

Pso2 ドゥームブレイク エンドレス 4, You Made My Day 返し 10, 看護実習 休む 単位 24, 東レ 配当金 確定日 7, 50 センチ 身近なもの 8, 20th Centuryデス 歌詞 45, 職場 Lineグループ 挨拶 47, バイオハザード パチンコ レバブル 6, 三菱 博士 採用 4, 花火 打ち上げ 速度 13, ポケモンgoプラス ローソン 在庫 20, 幕間 読み Fgo 9, オオサカ堂 クーポン フォリックス 5, Fps プロゲーマー 名前 4, ドール 男の子 お迎え 8, ミゲル アンヘル フェリクス ガジャルド現在 21, Ark アイランド洞窟 暴食 12, グラブル ハイランダー 闇 13, プロスピ2019 難易度 パーフェクト 10, 無垢フローリング カビ 削る 4, グレイフォックス オブリビオン ある事実 28, アプローズ ミュージカル 真夏の夜の夢 10, 奥田瑛二 娘 旦那 4, コトブキ マリア 評価 10, 8ミリフィルム 歌詞 意味 4, 三国志 馬 大きさ 11, ウィキペディア 検索履歴 削除 6, 大坂なおみ グリップ 握り方 32, ロケット 速さ マッハ 14, 鎌倉 パン教室 Cobocobo 7,