とても深い考えが込められているんですね。, 変化をすることに対しての否定ではなく肯定。 「あなただからいいよ」というのは「あなたじゃなくてもいいよ」という意味合いが含まれています。, 2人が変化してしまってお互いに見つけられなかったとしてもいいじゃないか。

お互いに変わってしまったとしてもその変化を受け入れていこうという。, またあなただからこそ何が起きてもいいという絆の現れでもあります。 はためく風の呼ぶ方へ, 米津玄師さんのインタビューの中でもありましたが、

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); この記事では、そんな米津玄師の「STRAY SHEEP」についての感想を書きたい。, というよりも、米津玄師ってどれだけ大衆的になろうとも、ある種の陰を持ち合わせるアーティストなんだろうなあと改めて感じたのである。, つまみ食いように音楽を聴き、“コミュニケーション”のために音楽を聴く人が世の中の多数派だと思う。, こういう多数派に見つかったからこそ、米津玄師は爆発的なヒットを生み出すことができた。, その一方で、きっと米津玄師の初期曲から早い段階で感銘を受けた人は、どちらかというと、内向的な人が多かった気がするのだ。, 米津玄師の今作は、きちっと後者の人に眼差しが向いた音楽なんだろうなあ、と感じたのである。, イントロはなしで、いきなり歌い出しから始まることが多い米津玄師の音楽において、この歌は20秒ほどのしっかりとしたイントロがある。, 仮にアルバムの最初の歌もの曲でイントロがなかったとしても、一曲目はサントラにしており、実質それがイントロの役割を果たしていることも多い。, そう考えると、イントロがしっかりある「カムパネルラ」を冒頭に持ってくるのは、定石にのっとった感もある。, 大ブレイクしたからこそ、ある種の定石にのっとった売れ線アルバムの構成のしたのだろうか。, 例えば、アルバムの冒頭の歌って、これから1時間連続するアルバムの体験を退屈なものにさせないようにするため、勢いのあったり、疾走感を持っている歌を持ってくることが多い。, 「Lemon」という歌でもって、明らかにパブリックな存在になった米津玄師であるが、冒頭の歌はそのイメージに引っ張られない独特な世界観とサウンドの意匠で身にまとった「カムパネルラ」の歌を用意したわけだ。, 何をもって「ポップソング」とするかは人によっては違うけれど、少なくともサウンドの意匠はまったくキャッチーではないと思う。, 日本のヒットソングに限定すれば、米津玄師の音楽でしか聴かないようなタイプの音が炸裂している。, 曲のアレンジに独特のクセを感じるのは、アレンジャーとして加わった坂東祐大の果たす役割も大きいが、そこは一旦置いておこう。, 歌詞を読んでもわかるように、この歌は人が持っている「傷」にスポットを当てた歌になっており、その「傷」を肯定するようなセンテンスが並んでいる。, お笑いでいえば、ぺこぱのブレイクに象徴するように、傷つかないような方向の言葉選びをするのが、歌詞においてもある種のトレンドになっている。, 肯定の仕方も、ポジティブシンキング100%って感じではなく、迷いや不安を内在しつつも、なんとかそれを肯定的に捉えました、というような妙な揺らぎを感じるのである。, 言ってしまえば、この歌からは「傷を肯定するというポジティブさ」よりも「なんとかポジティブであろうとする精神的な揺らぎ」を強く感じてしまうのである。, 基本的に、歌全体がちょっと悲しみに覆われているというか、そこまで明るい歌が少ない。, かといって、ネガティブ一本で突き進むのかといえば、そんなことはないのがこのアルバムの特徴である。, このアルバムのタイトルが「STRAY SHEEP」であるのは、そういうポジティブとネガティブの迷いを表現した言葉なのかもしれない。, 「Flamingo」もよくよく歌詞をみれば、けっこう諦念な眼差しが炸裂している歌である。, けれど、中盤に差し掛かるにつれて、そっとそんな雲の合間に光が差し込まれていく心地を覚えるのだ。, 「PLACEBO + 野田洋次郎」では駆け落ちのように惹かれ合っていく二人を描き、「パプリカ」ではあなたに対して屈託ない気持ちを捧げ、「馬と鹿」では愛を叫ぶ。, やがて、その正体はこれだと言わんばかりに、差し込まれるのが「優しい人」という歌である。, この歌のあとに続くのが、大切な人との出会いと別れを描いた「Lemon」であり、その次が、まちがったことで大切なあなたに出会えたこと描く「まちがいさがし」なのが象徴的である。, これを決定づけるかのように、アッパーな「ひまわり」が流れることで、アルバムの空気ががらりと変わる。, そして、次に登場する曲が、アルバムタイトルはもちろん、アルバムのジャケットともリンクするタイトルの「迷える羊」。, ここで「迷える羊」を持ってくるのが何よりも象徴的だし、メッセージ性のピークなのではないかと思うのだ。, その言葉が持つ意味もそうだけど、このサビが「」で括られているところが、何よりも印象的なのだ。, つまり、このフレーズは歌の書き手が書いた言葉というよりも、書き手が誰からもらった言葉であるというふうに捉えられることができるわけで。, 仮にこの歌の主人公が羊だったとすれば、サビのフレーズは羊が述べた言葉ではなく、羊があなたからもらった言葉という意味合いが増すわけだ。, もっと言えば、この羊を米津玄師に置き換えてしまえば、このフレーズだけは米津玄師の言葉というよりも、米津玄師が昔誰からもらった言葉を引用する形で表現したといえるのである。, つまり、このサビに出てくる君は=羊=米津玄師という図式に置き換えることができるのだ。, 「迷える羊」が出てきたサビのフレーズは、米津が米津自身に問いかけた言葉のように見える。, だからこそ、アルバム全体もここが分岐点となって、寂しさを超えて<誰かを救う>モードに切り替わっていくのである。, ラストに飾られる「カナリヤ」が指し示すのは、もうあの頃=鬱屈とした作品を作っていた日々に戻れないけれど、それを受け入れてあなた=このアルバムの聴き手と、突き進むことを宣告する未来なのである。, 言ってしまえば、寂しさを超えて誰かを救うことを米津玄師が受け入れて、その意志を自分の言葉ではっきり示したのが「カナリヤ」という歌なのではないか。, ここから音楽的な部分を掘り下げて、よりアルバムの話をしようと思ったけれど、自分がこのアルバムに感じた概要を描くだけでも相当な言葉を使ったので、一旦この記事はここで締めくくりたいと思う。, あえて暴論としてこのアルバムをまとめると、このアルバムは悲しさと希望の迷いを描きつつも、最終的に「希望」を選び取った勇気が垣間見れるのだ。, でも、「迷える羊」で自問自答していき、「カナリヤ」で明確な意志を示すことで最後は「希望」に着地させた、そんな印象を受けるのである。, 「Lemon」という大ブレイクのあとも、大衆に媚びを売るような軽薄な作品を作るのではなく、キャッチーでありながらも内面に問いかけつつ、音楽的なユーモアを忘れることもなく、自分の作家性を研ぎ澄ませた米津玄師だからこそ、作ることができたアルバムなのだなーと改めて思うのだ。, この段階で、アルバムの総論を結論づけるのはきっと早すぎることなのだと思うし、きっと2020年が終わる頃、再度このアルバムをじっくりと聴けば、きっとこのアルバムの表情もさらに変化しているのだと思う。. スポンサーリンク ソーシャルディスタンスや外出することに対し規制がかけられてしまったので現実世界でもこのような光景を見ることができなくなってしまった瞬間がありました。, 大切な人と当たり前の日常を当たり前に過ごせなくなってしまった。 「あなたじゃなくてもいい」という言葉に衝撃を受けました。, 否定的に捉えがちですがそれはとても勇気がいる決断だと思います。 言葉の説明からすると『プロムナード』という聴き慣れない言葉があります。 歩いていこう 最後まで, この後のサビでも何度も繰り返される『いいよ』というフレーズ。 「Lemon」以降のシングルが収められた全15曲。まるでベスト盤かのような曲のラインナップ。すごく“今”っぽいアルバムであると同時に、全編を通してアルバムを聴くとやはり根底に流れる米津らしさがにじみ出ていると感じた。闇と光のコントラストを描く、カラヴァッジョの絵画のような感じ。暗いもの汚いものの中にも美しさや光を見る感覚というか。, たとえば、醜さと美しさ 刹那と永遠 生と死、こうしたものが歌われていると感じる。米津玄師という人は、人の暗い部分や内向的なところに寄り添ってくれる歌を歌う人だと思っていたのだけれど、『STREY SHEEP』を聴いてますますその思いは強くなった。私のようにそんなところを愛している人もたくさんいるのではないだろうか。, このアルバムの1曲目は「カムパネルラ」というタイトル。カムパネルラといえば思い浮かべるのは宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』だ。『銀河鉄道の夜』は銀河鉄道の旅を通して「本当の幸せ」の意味を知るジョバンニとカムパネルラの物語だ。そしてこの旅は死というものを内包している。, 曲調は決して暗くないけれど、この曲は死を想像させるし残された者の想いのようなものを歌っているように感じる。それはこの曲だけではなくて「Lemon」あたりの曲からも感じるものだ。, もう一曲、アルバムをずらっと聞いていてひっかかった曲がある。「優しい人」という曲だ。, この曲は“不幸であるのが自分で無くてよかった”と思う人間の負の部分の感情をあえて歌っている。米津玄師のこれまでの曲のなかでもあまりないような、割と赤裸々な歌詞。, でもこの曲にはきちんと救いがある。それは優しくない自分を自覚しているけれど、それでも「優しい人」に憧れている、というところだ。, 同じように「カムパネルラ」や「Lemon」でもちゃんと希望が示されている。暗い気持ちや感情を掬い取ってそっと寄り添ってくれるような歌。それが米津玄師の歌だなあと今回のアルバムを聴いてあらためて感じた。, とかいいつつちなみに私が好きな曲は、「感電」、野田洋次郎と歌っている「PLACEBO」、「Decollete」の3曲。, ドラマ『MIU404』の主題歌として書き下ろされた「感電」は、個人的に星野源演じる志摩のテーマソングのように聞いているのだけれど、ちょっと退廃的な香りをさせつつ情熱的な感じもあって良い。, バディもののドラマの歌詞としてみてもど真ん中で、「愛し合う様に 喧嘩しようぜ」という歌詞はついついトムとジェリーのテーマソング(「仲良く喧嘩しな」)を思い浮かべてふふっとなるようなところもある。, 「PLACEBO」みたいなダンスナンバーを野田洋次郎が歌っているのも新鮮だし、恋に酔っているような感じが音にも歌詞にもメロディーにもあふれ出ていて、単純に聴いていて楽しい。野田洋次郎って本当にいい声してるなあと改めて思った。, 「Decollete」は、単純にこういうよくわかんない感じでひょっこり出てくる米津曲が大好き。なんかちょっと昭和歌謡みたいな感じもあってそれでいておしゃれというか、「Framingo」もちょっとそういう空気感があって好きなので、ぜひこういう曲も作り続けてほしい。, 延期になった振替公演も中止になり、これは誰のせいでもなく仕方ないことだけれど、本当にがっかりしている。, 振替公演に行くときのためにと購入したライブグッズの蛍光オレンジのタオルは次のライブに持っていくことにして、しばらくは『STRAY SHEEP』を聴いて過ごすことにしようっと。, サブスク解禁になったのであらためて過去作も聴いていて(CD持ってるにも関わらず)、やはり「ゆめくいしょうじょ」「笛吹けども踊らず」「ししど晴天大迷惑」あたりの曲が変わらず好きだと思った次第。, ブログって誰に向けて書くものなんでしょうね?と思いながら音楽とか本とかについて、自分でもよくわかっていない誰かに向けて書くブログです。, etomochangさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog また実験動物としても利用されていたことでひ弱で儚い印象もあります。, 米津玄師さんはたくさんのメディアに対し今回のアルバム『STRAY SHEEP』の各曲について語っています。, ──この曲はおっしゃったように新型コロナウイルスで世の中ががらりと変わったことを踏まえて作られた曲だと思うんですが、それでありつつ、10年後や20年後に聴いても響くような普遍性を持った曲になっていると思います。そういうことは意識しましたか?, この曲については、変わっていくことを肯定したいという思いがすごく大きかったです。自分は音楽を作るにあたって、“変わっていかなければならない”ということを半ば強迫観念みたいに思っている節があるんですけど、それがやっぱり自分の本質的なところなんじゃないかなって。新型コロナウイルスによって以前とは大きく変わった日常が目の前に横たわっていて、最終的にはそれを肯定しなきゃいけない。7年も経てば人間の細胞が全部入れ替わって生物学的には別人になってしまうなんてことも俗に言われますけれど、そういう意味で人間もいついかなるときも同じであり続けることなんて不可能だと思っていて。だから例えば誰かを愛するときに、「あなたはこういう人間だから、私は一緒にいたい」だと、それはいっときの状態でしかないから、いつかは変わってしまう。そこに固執していると、その人をその枠の中に閉じ込めて、結局は健全な関係として続いていかない。だから少なくとも個人的には、変わっていくことを肯定したいと思ったんですよね。, ──今おっしゃったようなことが「あなたも わたしも 変わってしまうでしょう 時には諍い 傷つけ合うでしょう 見失うそのたびに恋をして 確かめ合いたい」という歌詞に表れている。, そうですね。「私はあなたのことが好きだけれど、それは別にあなたじゃなくても構わない。けれど、だからこそ少なくとも今はあなたのことを愛していたい」、そんなふうに考えることができると思っていて。そういうことを絶えず問い続けたいんです。自分は今どこにいるのか、世の中はどう変わっていくのか、それを確認し合ってそこに意味を見出す……そうやって変化していくことの肯定を歌おうと思った。この曲のサビも最初は「あなただからいいよ」じゃなくて「あなたじゃなくてもいいよ」だったんです。それだとあまりに直接的すぎるし、表現として整合性をとるのがすごく難しいから「あなただからいいよ」になりました。でもそれは「(あなたじゃなくてもいいけれど)」という言葉が空白として残っている「あなただからいいよ」のつもりなんですよね。, 引用:https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi16, ラジオなど他の媒体でもコメントを残していますが、 ジャケットやMVでは自ら絵を描いたりとマルチな才能の持ち主です。, 今回はそんな米津玄師さんの楽曲の中から「カナリヤ」の歌詞の意味を考察してみましたのでお伝えしていきたいと思います。, 米津玄師さんの楽曲「カナリヤ」は2020年9月に発売された5枚目のアルバム「STRAY SHEEP」の15曲目に収録されています。, カナリヤとは鳥の名前で知られていますが、春の季語でもあります。

前説 [ad] 米津玄師がおよそ3年ぶりにリリースした「STRAY SHEEP」。 日本語訳すると、迷える羊という意味になるこのアルバム。 この記事では、そんな米津玄師の「STRAY SHEEP」についての感想を書きたい。 本篇 アルバムの印象 自分は、このアルバムに妙な物悲しさを感じた。

米津玄師の新アルバム、記録更新 「花」に込めた意味|エンタメ!|nikkei style 米津玄師が約2年9カ月ぶりとなる5thアルバム『stray sheep』を8月5日にリリース。 発売2週間でミリオンセールスを記録し、オリコンアルバムランキングで4週連続1位を打ち立てるなど数々の記録を更新し続けている。

とてもポジティブな内容には思えません。 何もかも前とは違う状況になってしまったけれども、

歩いていこう 最後まで, 変化のない当たり前と思っていた世界でもそれはいつしか自分の意思とは反して変化していってしまう。, 相手の変化すらも受け入れる。

カナリヤが弱さの象徴だとすると、不安が消えていくことを表現しているのかもしれません。, また1ヶ月の状況変化が起きていることもわかります。 あなたとなら いいよ Copyright (C) 2020 ロッキン・ライフ All Rights Reserved. そんな無償の愛について歌った楽曲が『カナリヤ』なのかもしれませんね。, 米津玄師さんの楽曲「カナリヤ」の歌詞の意味について考えてみたのでお伝えしていきました。, お互いに変化していって前とは違うように感じていても一緒に進んでいこうと考える。 心が傷ついてしまっているが何も言わないことで気丈に振る舞おうとしているのかもしれませんね。, カナリヤが消えていく五月の末の 木の葉が響き合う湖畔の隅っこ

香川県 副知事 天雲 8, サッカー 合宿 コロナ 8, しまうまプリント クーポン 寒中見舞い 4, Zip 徳島アナ 衣装 16, 茶屋 次郎7 ネタバレ 9, シンクロ 柔軟 痛い 31, 中学受験 よく出る本 2021 4, レイバン Rb5344d 芸能人 4, 法律事務所 求人 大阪 新卒 5, 恋と嘘 ネタバレ 11 20, 新約聖書 福音書 違い 12, 北の達人 社長 売却 23, Highnote Music Lounge ゴミ 10, デイズ 漫画 無料 8, 二人セゾン 鈴本 マタドール 17, Dragon Marked For Death 盗賊 13, チョーヤ梅酒 Cm 2020 女優 5, 御嶽海 父親 画像 10, ドラクエウォーク フレンド 上限 15, 都道府県 アニメ 打線 34, Gto 相関図 漫画 12, 千 ヶ 滝 グリーンホテル 4, デロイト トーマツ コンサルティング 夏季 休暇 4, ボランティア 英語 アクセント 7, Heaven ご苦楽レストラン 視聴率 8, 500系 V6 廃車 24, アイ ドラッグ ストア Visa 使えない 12, 高級 生食パン と は 4, アルインコ Afb4010 説明書 9, ミスチル 活動休止 理由 4, 柔道 古賀 娘 5,